GEOMETRICS G-880/G-882

G-880・882は高性能の曳航式セシウム磁力計で、既存海底ケーブル・パイプライン探索や遺失物探索などの磁気探査に用いられます。高感度で測定レンジも大きく、軽量ですので小型船での調査も可能です。
弊社所有のサイドスキャンソナー(Klein3000、2000-DSS)の曳航体と専用ケーブルで接続することができ、サイドスキャンソナーを併用することで海底の状況と磁気反応を同時に視認することが可能です。弊社ではサイドスキャンソナーと同様に水深1500mまでの磁気探査の実績があります。
記録例
画面中央付近で反応
G-882
G-880
機器名称 G880/G882
メーカー GEOMETRICS社 (アメリカ)
感度 (G880) サンプリング0.1秒間隔で使用の場合:0.05nT
サンプリング0.2秒間隔で使用の場合:0.03nT
サンプリング1.0秒間隔で使用の場合:0.01nT
感度 (G882) 0.004nT/Hz RMS
サンプリング間隔1秒の場合:0.02nT
測定レンジ (G880/G882) 17,000~100,000nT / 20,000~100,000nT
方位誤差 (G880/G882) ±0.5nT / ±1nT
精度 (G880/G882) ±2nT / <3nT
耐圧水深 (G880/G882) 1500m / 2750m
曳航体重量 (G880/G882) 17.2kg / 18kg
曳航体外寸 (G880/G882) L2.11×φ0.11m / L1.37×φ0.07m
セールスポイント 高感度の光ポンピング磁力計で主に海底ケーブルやパイプラインの探査に用います
PDFカタログ G880 G882