SyQwest Bathy2010P

Bathy2010Pはチャープ方式を用いた表層地層探査機です。現在、弊社ではトランスデューサTR-109を2素子・4素子・9素子で使用できるようにし、水深や調査船によって素子数をお選びできます。2素子仕様の舷側固定用架台、2~4素子仕様の曳航体、9素子仕様の船底固定用ゴンドラ・曳航用ゴンドラの用意がございます。9素子仕様で最大水深8000m、海底面下50~100mまでが可能となっております(諸条件による)。
左の写真は収録装置一式です。ディスプレイ・キーボードともに引出式で、その背後に収録用PCサーバー等が収められており、コンパクトなシステムとなっております。専用ソフトでの収録となりますが専用のフォーマットのほかSEG-Yフォーマットでの出力も可能です。
主な用途として海底ケーブルルート調査や地質・堆積物調査・埋設物探査などが挙げられます。
2素子仕様の舷側固定用架台
2~4素子仕様の曳航体
9素子仕様の船底固定ゴンドラ
機器名称 Bathy2010P
メーカー SyQwest
可測深度 2.5~5000m(9素子)
探査最大深度 海底面下100m(9素子)
地層探査分解能 最大6cm
周波数 2~12kHz(チャープ式)
セールスポイント 浅海から水深5000mまでの高分解能な表層地質構造を知ることができます。
探査目的に応じた様々な方法を提案します。
PDFカタログ Bathy2010P