L-3 KLEIN System5400

SYSTEM5400は、米国KLEIN社が開発した次世代の超高分解能マルチビームサイドスキャンソナーです。従来のサイドスキャンソナーと異なり、ダイナミックフォーカス機能により、斜距離(スラントレンジ)に関係なく高解像度の音響画像を高速で得ることができます。ダイナミックフォーカスとは、球状に広がって返ってくる音波をレンズの焦点を合わせるように絞り込む一種のマイグレーション機能です。
曳航体内部にはピッチ、ロール、磁気方位、深度のセンサーを内蔵しており、各補正を行い、より正確な画像を描くことが可能です。
シングルビーム方式では曳航体からの距離が遠くなるほど解像度が落ちますが、マルチビーム方式では左図のように曳航体からの距離が遠くなっても均一な分解能となっております。さらに進行方向に4本のビームを使いデータの抜けをカバーすることにより、8~10ノットの高速測定も可能となっております(諸条件による)。
砂漣(リップル)の分布
既存の海底ケーブル
墜落機の探索
機器名称 System5400
メーカー L-3 KLEIN
適応水深 5~200m
スワス幅 最大300m (片舷150m)
ビーム数 8本 (片舷 4本)
最大解像度 7.5×20cm均一
発振周波数 455kHz
曳航体重量 空中70.5kg, 水中47.7kg
曳航体外寸 全長 194cm, 直径 15.2cm
位置精度 ケーブル長の0.1%
動揺センサー精度 ピッチ±0.2°ロール±0.2°方位±0.5゚
圧力センサー精度 ±0.1%
解析ソフト 収録、処理: SonarPro、SonarWiz
セールスポイント マルチビーム方式による高解像度の音響画像を高速航走(8~10ノット)でも得ることができる。
PDFカタログ System5400